トピックス - 「海まつり阪南 漁師さんとふれあう秋の一日」無事終了しました!

ヘッダーナビゲーション

「海まつり阪南 漁師さんとふれあう秋の一日」無事終了しました!2015/12/01


 11月8日、あいにくのお天気でしたが「海まつり阪南」イベントを無事終えることができました。参加者は150名(受付記念品数にて計測)、ほかに関係者が30名ほどあるので合計180名を公式の参加者数といたします。

 阪南の自然環境、漁業、水産物、人とまち、文化の魅力を、様々な角度から紹介し、体験していただくように企画しました。

「里海ウォーク」では、水産資源を育成している自然環境について、漁業見学と自然海岸見学を通じて学んでいただくという趣旨で、4コースの体験ツアーを実施しました。如何でしたでしょうか?
 報告はこちらから▶
里海ウォーク 箱作の漁業見学コース 報告
里海ウォーク 阪南の自然海岸見学コース 報告
里海ウォーク 西鳥取の漁業見学コース 報告
里海ウォーク 尾崎の漁業見学コース 報告

「魚タッチプール」のほうも、活きた魚を各漁協から集めてもらって展示し、実際に触れるプールで楽しんでいただきました。珍しいカニを何種類も集めていただいたり、今捕れる旬の魚を泳がせていただいたりして、会場に来た子供たちはプールから離れずにずっと見ていましたね。

 午後からのイベントが本番で、過去2年は「漁村文化フォーラム」として岸和田で実施しましたが、今回は場所を阪南市に移したことで、教育委員会や市長広報室、商工観光課、農林水産課、観光協会など、町を上げて「漁村文化」を盛り上げる為に動いていただきました。

 午後の部がスタートし、司会から最初に紹介させていただいたのが「はんはんの海をまもろう展」です。大阪湾の環境保全に努める団体と、阪南市の文化財、夕陽写真展、市民ギャラリー等の展示は一つ一つが非常に興味深い内容であったと思います。オープニングの挨拶は、尾崎漁協の佐藤組合長と、福山阪南市長、山本大阪府協議会会長にしていただきました。



 そして、お待ちかねの「はんなん海の幸大試食会」を実施。漁村文化を盛り上げる為に一番大事なことは、ほんとうの「魅力」を知ってもらうことで、実際に食べてもらうことが必要です。
 釣り人なら釣りたての魚の味を知っているかもしれませんが、漁でしか捕れない魚のことは分かりません。一般の家庭の方も同じでしょう。やはり漁師さん直伝のおいしい魚介類の魅力を知りたいのです。





 今回は尾崎から「ハモすき」、西鳥取から「タコめし」、下荘から「クマエビのチリソース」を試食品として出していただきました。すべて高級食材ですが、地元で買えばやすいものだということをお伝えできましたし、料理次第でこんなにおいしくなるものだということを知っていただけたと思います。
 食材となった魚の解説は水産技術センターの鍋島靖信さんで、今回も楽しいお話をお聞きしました。

 試食会のあと、「自然海岸からの報告」を行ないました。解説は環境省自然公園指導員で日本ウミガメ協議会の田中正視さん。
 発表は阪南市に移り住んでいる3人の方で、一人目は釣り人として有名で自ら釣具メーカーを立ち上げている武田栄さん。題目は「阪南の海と魚」。
 次に阪南干潟友の会、年間300日は海岸男自然観察に行かれる三宅壽一さんから珍しい生物とそれを育む海の話「阪南干潟の希少生物たち」。
 最後に、海遊館の学芸員、石川恵さんから「スナメリが住む海」の話をしていただきました。




 3名の方の発表の要旨は、大阪湾では阪南市にのみ残っている砂浜(半自然海岸)ですが、この砂浜から続く浅い海があることで、大阪湾の自然環境の豊かさが維持されているということでした。
 スナメリはタコやイカ、カレイなど、浅い海の魚を掘り返すように食べているそうで、私たち人間と好みが合うようです。そのスナメリが一番多く発見されるのが、関空より南のこの水域であると伺いました。

 イベントのクライマックスとして、漁業と海に関するシンポジウム「組合長に聞こう!」を行ないました。




 参加者の皆さんは、漁業体験、展示と発表、そしておいしい海の幸を味わって、かなり多い目の刺激と感動を受けておられたと思います。漁業への素朴な疑問から、将来の漁業、大阪湾への質問など、生活をベーストした質問が多く、組合長からのお答えだけでなく、市長からのお答えもあり、有意義なフォーラムを開催させていただけたと思います。
 最後に西澤下荘漁協組合長よりお礼のご挨拶をさせていただきました。

 詳しい報告は豊かなな海づくり協議会のホームページで紹介させたていただきます。▶こちら
 ご協力いただいた皆さんありがとうございました。
 (運営責任者:豊かな大阪湾をつくる会 代表 萱間修)

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録